健康に良い飲み物

硬水と軟水は何が違うの?

ミネラルフォーターを購入する時や、海外に旅行に行く時などに“硬水”“軟水”という言葉を耳にすることがありますよね?
“海外で水を口にすると、日本とは含まれる成分が違うのでお腹を壊すことがある”なんて話を聞いたことはありませんか?
それでは、硬水と軟水とでは一体何が違うのでしょうか?

硬水と軟水は、水の硬度によって分けることができます。
高度とは水1000mL中に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量を数値化したもので、簡単に説明をすると、カルシウムやマグネシウムの含有量が多い水を“硬水”と呼び、カルシウムやマグネシウムの含有量が少ない水を“軟水”と呼びます。

硬度の基準は国によっても違いがあります。WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/L以下を“軟水”、120mg/L以上を“硬水”と言いますが、日本では硬度が100mg/L以下を“軟水”、300mg/L以上を“硬水”と言い、間の101mg/L以上~300mg/L未満の水を中硬水と言います。
日本のほとんどの水が軟水にあたり、日本の生活用水は80mg/L以下の軟水になります。
軟水、硬水には好みがありますが、日頃軟水を飲み慣れている日本人の体には軟水の方が合っているのかもしれません。

軟水は、硬水と比べて口当たりが軽く柔らかいことが特徴です。
素材、ダシ、香りなどの浸透が良いので味が染み込みやすく、煮込んで調理することの多い日本料理には最適と言えます。
また、紅茶やコーヒーなどの飲み物も味と香りがストレートに引き出されるので軟水を使用した方が良いでしょう。

硬水は、軟水と比べてのどごしが硬くしっかりとした飲み答えがあります。
カルシウムやマグネシウムを多く含んでいるため、運動後のミネラル補給には硬水が適しています。
ただ、硬水を飲みなれない日本人が一気に多くのミネラル分を摂取すると、胃腸に負担をかけてお腹を壊す可能性がありますので硬水を飲む場合は、何回かに回数を分けて飲むと良いでしょう。

硬水はタンニンやカフェインが溶けにくく食物繊維が硬くなることから紅茶やコーヒーを入れる水には適していません。
また、料理について肉などのアクが出やすく軟水と比べて水の浸透が悪いことから料理が硬くなる場合があります。
硬水の多いヨーロッパや中国では、煮込み料理よりも炒め物の方が多く、煮込む場合にはトマトなどの野菜を使用して煮込むことが多いことからも紊得ができますね。