健康に良い飲み物

紅茶に向いている水

紅茶を美味しくいれるために適している水とはどのような水なのでしょうか?
紅茶好きの人に話を聞いてみると“軟水派”と“硬水派”で意見が分かれます。
日本で売られている紅茶の本や、日本での一般的な見解では、紅茶をいれるのに適した水は軟水と言われています。
しかし、本場イギリスの水は硬水が多いのです。
イギリスに留学経験のある人から話を聞くと、硬水でいれた紅茶の方が味に深みが出て美味しいと言います。
それでは、硬水、軟水のどちらで紅茶をいれることが、より紅茶の味を美味しくすることができるのでしょうか…?

まず、日本で紅茶をいれる場合に、軟水の使用が広く推奨されているのにはいくつかの理由があります。
軟水で紅茶をいれると茶葉が開き、味や香りなどの美味しい成分が十分に抽出されます。
また、ミネラル成分が少ないので茶葉本来の持つ味、香り、苦味をストレートに感じることができます。

それと比べて、硬水で紅茶をいれると、タンニンの抽出が抑えられて苦味の少ない紅茶になります。
また、茶葉が十分に開かないため、味や香りなどの成分が抽出されづらく、色味の濃い紅茶が出来上がります。
また、硬水でいれると紅茶の表面に皮膜ができることも特徴です。

紅茶をストレートで飲むことの多い日本人には、茶葉の香りや味をダイレクトに味わえる軟水の方が向いています。
しかし、本場のイギリスではストレートで紅茶を飲むことは少ないと言います。
それは、硬水でできた皮膜はミルクを入れることで消える性質があるので、ストレートではなくミルクティーとして飲む人が多いことが理由のひとつのようです。
また、1日に何度も紅茶を飲む機会のあるイギリス人には、硬水のように渋みや香りが抑えられた紅茶の方が飲みやすいと言えるのです。

また、イギリスで作られている紅茶と日本用に作られている紅茶とでは茶葉の性質も違うようです。
イギリスで作られている紅茶は、やはり硬水で入れたほうが美味しく飲むことができますし、日本用に作られている紅茶は軟水でいれることを想定して作られているので、やはり軟水で入れたほうが美味しく飲むことができます。

また、紅茶を美味しく飲むための条件のひとつとして“水に空気がたくさん含んである”ことがあげられます。
紅茶は茶葉を上下に対流させる“ジャンピング”をすることで美味しさを引き出すことができるのですが、このジャンピングは使う水の中に十分な空気が含まれていないと起こりません。
実は、この条件を簡単な方法で満たしているのが水道水なのです。
市販のミネラルウォーターには空気があまり含まれていないため、そのまま使用すると上手くジャンピングさせることができず、美味しい紅茶にはなりません。
日本の水道水のほとんどが軟水ですので、このことからも日本で紅茶を入れる場合は軟水の水が適していると言えるのです。

ただ、紅茶の種類によっては硬水の水を使うことで、その紅茶が持つ本来の味を楽しめる場合もあります。
紅茶に興味がある人は、軟水と硬水でいれ比べをしながら紅茶の味を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。