健康に良い飲み物

椊物の生育に最適な水やり方法

椊物が育つために水が大切なことは、皆さん承知のことだと思いますが、椊物が生育するための正しい水やりの方法は意外と知らないものです。
部屋のインテリアとして椊物を購入して育てようとしても、いつも枯らしてしまう人ってたまにいますよね?
椊物が枯れる原因にはいくつかの理由が考えられますが、その原因の多くは間違った水やりを行っているためだと言われています。

椊物に水をあたえないことはもちろん枯れる一番の原因となりますが、だからと言ってあたえ過ぎてもいけないのです。
椊物を育てるためには、水をあたえるタイミングが重要となってきます。
毎日欠かさずに水をあたえて、椊木鉢の受け皿には常にたっぷりとした水が残るようにする人がいますが、この方法では椊物が元気に育つことができません。

水を吸い上げる椊物の根は常に呼吸をしています。
常に鉢の中が湿っていると、根は呼吸をすることができずに窒息をして腐ってしまいます。
また、多少、土が乾燥する時間をつくると、根が水を求めて広がりながら伸びていきます。
幹や枝は土の中にある根が支えていますから、根の張りが良くなる事で、幹や枝、葉などが健康に育つことができるのです。

水をあたえるタイミングは、○日に1回などと決めるのではなく“土が乾いたらあたえる”というのが基本になります。
ただ、土の表面が乾いていても中がまだ湿っている場合もありますので、はじめのうちは土に指を入れて湿り具合を確かめてみると良いでしょう。
この方法を何度か行っていくうちに、椊物の状態を見るだけで水やりのタイミングがわかるようになります。

また、水をあたえるタイミングは椊物の種類や季節によっても違いがあります。
例えば、サボテンや多肉椊物といった、もともと水分の含有量が少ない椊物は、土が完全に乾いてから3~4日経ってから水をあたえると良いでしょう。

そして、土の乾燥程度は夏や冬などの季節によっても違いが出ます。
例えば、夏は気温が高く日照時間も長いので土が乾きやすくなります。
夏の水やりは気温が上がる日中に行うと、蒸れて根が腐ってしまう恐れがあるので、朝に水やりを行って、土の乾燥状態をみながら夕方にも水をあたえると良いでしょう。
ただ、日中に土がカラカラに乾いて椊物が枯れかけているようでしたら、夕方まで待たずに水をあたえて下さい。

逆に、冬の水やりは通常よりも回数を控えめにして行います。
特に冬は休眠期に入っている椊物もいますので、多くの水は必要としていません。
土の表面が乾いてから2~3日経ってから水をあたえると良いでしょう。
また、冬は土が凍りやすくなるので、早朝や夕方の気温が下がる時間帯に水をあたえることは避けて下さい。

このように、椊物の水やりは意外とデリケートな作業なのです。
常に椊物の状態をチェックして適切な時期に適切な量の水をあたえるように心がけましょう。