健康に良い飲み物

粉ミルクには超軟水を

粉ミルクは赤ちゃんが毎日の栄養源として口にする大切な飲み物です。
大切な我が子にはできるだけ体に良いものをあたえてあげたいと考えますよね。
粉ミルクを作るときには、水道水を沸騰させて冷ました水を使っているお母さんも多いと思いますが、最近では水道水に含まれる塩素や、昨今、話題になっている放射能などの心配からミネラルウォーターを粉ミルクに使うお母さんたちが増えてきました。

一言でミネラルウォーターと言っても、スーパーなどで販売されている商品には様々な種類があります。
それでは、どのようなミネラルウォーターが粉ミルク作りに適しているのでしょうか?
ミネラルウォーターには大きく分けて“軟水”と“硬水”の2つの種類があり、それらは水に含まれるカルシウムやマグネシウムの含有量で測る“硬度”の違いで分類することができます。
一般的(WHO基準)には硬度が0~120mg/L未満の水を軟水、120~180mg/L未満の水を硬水と呼びます。

粉ミルクを作るのに適している水は軟水と言われています。
日本の生活用水は一部の地域を除いてほとんどが軟水です。
軟水は口当たりが柔らかく粉ミルクが水に溶けやすいと言われています。

硬水は赤ちゃんの胃や腸、腎臓に負担をかけて消化上良を起こさせる可能性がある他、粉ミルクを溶かしづらい特徴もあります。
また、粉ミルクは水道水を使って作ることを想定して作られているので、すでにカルシウムなどの成分が含まれています。
硬水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれているため、粉ミルクと合わせてしまうと必要以上にミネラル分を摂取してしまう可能性があるのです。

粉ミルク作りに軟水が適していることはわかりましたが、軟水の基準は硬度が0~120mg/Lと随分幅があります。
軟水の中でも硬度0~60mg/Lの“中軟水”と呼ばれる水がありますのでそちらを選んだ方が安心でしょう。
また、最近では赤ちゃんへの負担をできるだけ減らすために上純物を一切含まない“純水”と呼ばれる水も販売されています。

硬度が低いほど粉ミルクは水に溶けやすく含まれるミネラル分が少なくなります。
赤ちゃんの体への負担を減らすためにもできるだけ硬度の低い“超軟水”を選んで粉ミルクを作るように心がけましょう。