健康に良い飲み物

料理には軟水が向いている

一部の地域を除いて日本の生活用水の多くは“軟水”ですが、一般家庭でも浄水器を取り付けている家庭が増え、各国から輸入された水が多く販売されるようになった現代では“硬水”の水を見かける機会も多くなりました。
水は家事や飲み水として使用する以外にも、料理を作るときに多く使用されます。
軟水と硬水を選んで使用することができるようになった現代では、どちらの水を使うことが料理に適しているのか気になるところです。

日本の一般的な考え方では、硬水よりも軟水の方が料理に適していると言われています。
それは、日本の水には軟水が多く、長い歴史の中で軟水に適した料理が作られるようになったことに理由があると言えるでしょう。
日本料理の基本は、煮干や鰹節、昆布などから“だし”をとることから始まります。
だしは日本料理の味を左右する一番重要な存在です。
だしと軟水はとても相性が良く、軟水にはだしの旨みと香りを引き立たせる効果があるのです。

野菜を使った煮込み料理は、野菜への水分の浸透が良く柔らかく仕上げることができるため、軟水を使用することが効果的だと言われています。
逆に硬水を煮込み料理に使うと、食物繊維を硬くする作用があるので野菜が硬くなり、アクが出やすくなってしまいます。
また、日本人の食卓に欠かすことのできないお米を炊くときにも軟水の水が適していると言われています。
軟水を使ってお米を炊くと、米に水分をたっぷりと含ませることができるので、ふっくらとして粘り気のあるご飯に炊き上げることができるのです。

しかし、全ての料理が硬水よりも軟水を使用した方が美味しく出来上がるわけではありません。
硬水はじゃがいもやかぼちゃなどの煮崩れを防ぎますし、アクの強い野菜や肉を煮る場合には、アクが多く出て臭みを取ることのできる硬水の方が適しています。
また、チャーハンやパエリア、ピラフなどのご飯をパラパラに仕上げたい料理には、食物繊維を硬くする作用のある硬水の方が美味しく出来上がるのです。

日本の水は軟水が多いので、日本料理を作るときには軟水を使用した方が美味しく出来上がりますし、ヨーロッパや中国などの硬水が多い地域の料理は、硬水を使用して作った方が美味しく出来上がると言えます。
硬水、軟水の特色を理解して上手に料理に使い分けることがベストだと言えますね。