健康に良い飲み物

コーヒーに向いている水

美味しいコーヒーをいれる条件は“良質の豆・煎りたて・挽きたて・淹れたて”と言われています。
豆にこだわりのある人でも意外とコーヒーをいれる水にはこだわりを持たない人が多いようです。
しかし、コーヒーの約99%は水からできています。
つまり、コーヒーの味は水の味と性質に大きく左右されるのです。
コーヒーに合う水を使うことで、より美味しいコーヒーを楽しむことができる可能性があるのです。

水の種類に“硬水”“軟水”の2つの種類があることは、他のページでもお話してきましたが、コーヒーの味にも水に含まれるミネラル分の含有量が関係してきます。
コーヒーを美味しくいれることができるのは硬水なのか?軟水なのか?と議論が分かれるところですが、それはあくまでも飲む方の好みになりますので、ここでは硬水と軟水でコーヒーをいれた場合の味の違いについてお話をします。

軟水でコーヒーをいれた場合は、ミネラル分が少ないのでコーヒー本来の香りが引き立ち、マイルドな味わいを楽しむことができます。
焙煎による繊細な味の違いは、軟水でいれた方がわかりやすいと言います。
また、酸味が強くなることも特徴のひとつです。

では、硬水でコーヒーをいれた場合はどうでしょうか?
硬水に含まれるカルシウムは苦味を抑えて味をまろやかにする性質があり、マグネシウムは苦味や渋味を感じやすくします。
また、素材の香りやコクが抑えられる代わりに、ローストの香りが強くなります。
ボリューム感があり飲み応えのある味わいになることが特徴です。

しかし、硬度180mg/L以上の非常に硬度の高い硬水でコーヒーをいれると、水に含まれるミネラル分とコーヒーに含まれる“クロロゲン酸”や“タンニン”が必要以上に結合してしまうので、風味を搊なう可能性があります。

一般的には、硬度が低くなると酸味が強くなり、硬度が高くなると苦味が強くなると言われています。
コーヒーの味の好みは人それぞれなので、一概にどの水でいれると美味しく感じるかは決められませんが、日本の水は軟水が多いので日本人が飲み慣れているコーヒーは軟水でいれたほうが美味しく感じるかもしれません。
また、少しコーヒーの味にこだわりを持っている人は、軟水と硬水の両方でいれてみて自分の好みの味を探してみるのも楽しいのではないでしょうか?